▶ HOME   ▶ アクセス   ▶  展覧会一覧  ▶  shopping
 ▶  陶 器  ▶ 木版画    ▶ 木工・漆   ▶  ガラス  



山本広巳急須作品



山本さんの作品はこちらにてご購入いただけます。






略歴

1941 三重県四日市市に生まれる
1964 先代松風のもとで急須を主とした作陶に入る
1978 岡山高島屋にて初個展
1988 四日市市桜町にて半地下式穴窯、三連式登り窯を築く

各地にて個展を開催





地球儀急須







山本さんの茶漉しは、どれもとても
大きく膨らんでいるのが特徴です。
様々な「お茶の葉」に対応できるよ
う、工夫されて作られています。
急須サイズによって穴の数は違い
ますが、およそ450から800くらいの
穴が丁寧にあけられています。
胴の際から穴があけられており、
大きく膨らんでいるので、お茶の
葉が張り付きにくくなっています。

この茶漉しは、山本さん独特のもの
「山本漉し」と呼ばれています。





極小急須




尾垂宝瓶


山本広巳オンラインショッピングページ


雲母トップページへ